しばらくお休みします(2005年12月8日)

先日、わきの下に痒みを伴う謎の傷ができ、それに連動するように手のひらに水疱ができたのですが、皮膚科で診察を受け、医師の指示を守って処方された薬を服用&塗布していたにもかかわらず全く治る気配が無く、これはなんなのだろうと思っていたところ、それがもうびっくりするような病気であることが判明致しました。「マジで!」と叫びたくなるような、「あり得な〜い!」と言いたくなるような驚愕の病名。

いえ、命にかかわるようなものでは無いのです。水虫とかシラミの仲間のようなものなのですが、口にするのも恥ずかしいような、終戦直後ですか?!と言いたくなるような、そんな皮膚病です。感染経路はたぶん布団。捨てるのをつい先延ばしにしてしまい、結局2年近くも物置に入れっぱなしだったあの布団。紆余曲折がありながらもそこからわたしの使っている布団へと病魔が渡ってきたのだろうと思われます。日常生活の中でいろいろと気を使わねばならず、なにかと大変そうなので、これからしばらく治療に専念しようと思います。幸いにもそれほどひどい状態にはなっていないようなので、早ければ2週間ほどで完治しそうです。仮に長引いたとしても1ヶ月以上はかからないと思われますので、年明けにはまた日記を書き始められそうです。それでは、皆様お元気で。皆様の健康と幸福をお祈りしております。また来年もどうぞよろしくお願いします。

よもやわたしがこの病気にかかるとは。人生ってやつあ何が起こるか解りませんね。ちなみに、人から人へうつりますがきちんと指示を守って対策をとってあるので大丈夫です。あと、人以外にはうつらないようなので、愛犬愛猫は安心です。それがなによりの救いです。

・・・負けないわ〜。