厳しい寒さ、木々に積もる雪

f:id:ackee:20210708143414j:plain

f:id:ackee:20210708143428j:plain

相変わらず強い寒気に包まれています。本日の最低気温はマイナス9度、最高気温もマイナスのの5度くらい。日中は吹雪いていたのですが、吹き付けるその寒風は冷たいというよりは痛いです。チクチクした痛みというかビリビリする痛みというか、例えるなら先端が鋭利ではない針をびっしり立てた剣山のようなものを押し付けられているような痛みです(変な例えでごめんなさい)。手袋を履き、毛糸の帽子を被っていても、耳や指の先がビリビリしてきて凍傷の予感がしてしまいます。

この冷え込みで木々に積もった雪も凍り付いて落ちてこずに枝の上で固まっているので、まるで綿菓子のよう。ナナカマドの実にも雪が積もり、それはまるで白い舞玉のようです。とても綺麗な光景だけど、見ているだけで体温がぐんぐん下がっていきそうな冷たい光景でもあります。