折れたので

f:id:ackee:20210708144203j:plain

f:id:ackee:20210708144214j:plain

何日か前にまた雪がどっさり降ったので、それを昨日になってからせっせと片付けていたら、突然雪かきスコップの柄が折れてしまいました。アーモンドチョコを噛んだときのような「カリッ!」という乾いた音を立てて。去年も今年も雪が多かったせいで酷使していたのと、下の写真のような遊びをしていたせいだと思われます。

スコップが無いことには雪の季節を乗り切ることは出来ないので、すぐに買いに行ってきました。幸い歩いてすぐの近所に金物屋さんがあるので、そこで購入してきたのですが、お店の前に立てかけられてズラッと並べられているスコップの種類は様々で、柄の部分が木だったり金属だったり、スコップの部分の素材も様々。種類が豊富でどれを選ぼうか迷ってしまうほどでした。しかし使い慣れたいつものスコップと同じようなものがあったので、それにしようと決めてはみたものの、見た目がほとんど同じなのに値段が違うものが3種類。やはり高いもののほうが丈夫なのでしょうけど、中間のお値段のものにしてみました。一番高いのはその倍の値段だったのですが、またモグさんとスコップ遊びをしようと思っているのでこれで十分です。

実家に住んでいたころは何本ものスコップが常備されていたし、どれかが雪に埋もれて行方不明になっても(春になると解けた雪の中から出て来るんですけどね)、いつの間にかだれかが買ってきて補充していたので、こうして自分で選んで買うのは初めてだったのですが、様々な需要に合わせてたくさんの種類があるのですね。雪質や気温、それぞれの好みなどに合わせて使い分けるともっと快適な雪かき生活が送れるのかもしれないということを今更ながら発見。といってもしんどいことにかわりないですよね。雪は重いので重労働です。