顔面体操グセ

今月から、相方とは離ればなれの生活。別居だけど、険悪な関係になったので離れてみるというわけではなく、単に田舎町に転勤になった相方に着いて行かずに、わたしはこちらに残って仕事を続けようということで。転勤先の町には就職が無く、あったとしも今ほどにはお給金がもらえない。この先、やってみたいことがあって、そのために今のうちにお金を貯めておきたいので向こう1年、ここに残って頑張って働きます。相方は週末には愛犬と共に帰ってくるので、独身気分を満喫とまではいかないっぽい。平日は独りだけど、仕事を増やすつもりなので逆に忙しくなりそうだし、なかなかのんびりできないかもしれないなぁ。けど、この機会にいろいろ頑張っとくよー。

***
在宅ワークでしかも独り暮らし状態。猫たちは居るけれど、物言わぬ猫たちと談笑するというわけにもいかない。1日の大半をパソコンのモニターの前で過ごしていると、平常時の表情が仏頂面になってしまいます。鏡に映った自分の顔は、怒っているみたいにムッツリとしている。うーん、このままではいけません。無言無表情生活を続けていったら表情筋がどんどん衰えてしまいそう。顔の筋肉がたるむと老けてしまいそうだし、何よりムスッとしていたら運も逃げていってしまいそうです。なので顔の筋肉をリフトアップしよう計画の発動。顔面の筋肉を鍛えて気持ちもリフトアップするですよー。

さて、自己流顔面体操開始。鏡に向かってアイドルスマ〜イル。思いっきり目を見開き、口も最大限に開けてからパチリとウィンク。ついでに親指を立ててポーズを決めてみよう。おおっ、なんだか80年代のアイドルみたいだ。しかしかわい子ちゃんがやるならともかく、三十路のわたしがやっても変なだけ。「きも〜い!」なんて叫びながらゲラゲラ笑ってしまう。ヒーヒー。笑いすぎてお腹が痛い。

・・・こうして書いてみるとなんておバカな。しかし顔の筋肉を使っているのでこれも顔面体操になるはず。だから良しとしましょうか。顔の筋肉を動かすのも、ゲラゲラ笑うのもなんだか爽快なので、仕事の合間に顔をグリングリン動かしています。これで顔の筋肉たるまなかも。でもクセになっちゃって、外に働きに行った時にもやっちゃったりするかも。そしたら変な人確定かも。まあ、それでもいいかも。・・・いいや!良くないっ!ほどほどにしようっと。

フェイササイズ―自分でできるフェイシャル・エクササイズ

今は自己流ではなく、この「フェイササイズ」という本を見ながら顔面体操してます。まじめに続けていたら顔がキュッとしました。そして5歳くらい若く見られました。が、さぼるとダラッとしてしまいます。そうなるとやはり年相応に見えるらしいです。うーむ、続けることが大切なんですね。なるべくさぼらずできたらいいなとおもいます。押忍。