目覚めれば雪景色、電波時計

朝起きて、カーテンを開けてみるとそこは雪国でした。すっかり雪が解けてしまったはずの庭は一面雪で真っ白。今朝は氷点下3度くらいまで気温が下がったらしく、実際とても寒かったですし、なんだか真冬に逆戻りな気分です。それでも昼前には積もっていた雪も消えてなくなりましたが、天気はどんよりしたまま。吹きすさぶ強風に乗って、時々ワサワサと牡丹雪が降っていました。今はもう雪は止み、雲も途切れて青い空が見えるけど、風はいまだ止まぬまま吹き荒れています。風が強いと体感温度がかなり下がるんですよね。う〜、今日は外に出たくありません〜。

f:id:ackee:20210708151158j:plain

約10年間愛用し続けた目覚まし時計が壊れてしまったので新しく買いかえてみました。自分のお金で買った目覚まし時計はこれで3代目です。先代の目覚まし時計君は、電池さえ入れ替えればまだ動いたのですが、液晶画面がダメになってしまったようでデジタル数字がほとんど読めなくなり、あえなく引退。今日は燃えないゴミの日だったので、10年間ありがとうの感謝の念を心の内で呟きながら、そっとゴミステーションに置いてきました。グバイ、先代目覚まし時計君。この10年間、わたしを起こし続けてくれてありがとう。朝弱いわたしは、君無しでは起きられなかったのだよ。20代前半から30代前半の朝を支え続けてくれた君に感謝。そして、数日前から2代目に替わって毎朝わたしを起こすというミッションに就いた3代目は、近所のディスカウントストアで購入してきた、このデジタル電波時計電波時計というものが、どんなものなのかも知らずに購入して来たのですが、説明書を読んでちょっと驚きました。正確な時刻とカレンダー情報を乗せた標準電波を自動的に受信して、いつでも正確な時刻を表示してくれる子なんですね。そんなすごい時計があるなんてちっとも知りませんでした。この3代目は、1年に1度程度の電池の交換というお給金だけで、時刻あわせの必要も無くずっと働き続けてくれる働き者なのですね。ディスプレイの電波マークが点滅していると、電波受信中。夜中でも、フト目をやるとチカチカと点滅していたりして。そのたびに、「なんて・・・なんて健気なんだ。ずっと大事にするぜ。液晶がダメになるまでずっとな。」と思ってしまいます。