フレンチトーストに始まり

f:id:ackee:20210708170047j:plain

なんだか食欲が湧かなくて、胃腸の調子も悪い。気持ちも沈みがちだし、眠りも浅い。どうしたんだわたし。疲れているのか?とにかく朝食からして食べたくないと思ってしまう。けど、朝ごはんを抜くのは良くない。不調のループに陥ってしまう。とにかく何か食べようと、体にすんなり入って行きそうな、あったかくて甘いフレンチトーストを作り、メープルシロップをたっぷりかけて食べてみた。するとこれがまたおいしくいただける。そして気づく。いつも同じメニューで飽きていたんだということに。そして栄養が偏っていたんだということに。

三食きっちり食べていたんだけどね、献立を考えるのが面倒だったり、食べたいものがあっても作るのが面倒だったりして、つい簡単に食べられるもの、例えば納豆や目玉焼き、冷凍ほうれんそうのおひたしとか、そいった同じものばかり食べていた。どれも体に悪いものじゃないしとてもおいしいものだけど、どんなに好きな食べ物でもずっと続いていたらそりゃ飽きてくるし栄養も偏るだろう。

ちょっと忙しかったので就寝時間はまちまちで、食事の内容も乱れていた。そういったものが身体にも精神にも悪い影響となって跳ね返ってきてたんだね。反省したわたしは昨日、食材をたくさん買って来て冷蔵庫に詰め込んだ。そしてきちんと料理。豚コマとひじきと梅漬けのチャーハンはとてもおいしかったし、トマトとレタスのサラダも、バナナとプルーンを入れたヨーグルトもめちゃめちゃおいしく感じられた。食べた後に身体が喜んでいるのが解る。胃が気持ちいいんだよね。

昨夜はぐっすり眠れたし、今朝の寝覚めもすっきり。やはり食べ物って大事だ、医食同源なんだ、と実感。うっかり不摂生だったんだよな、気をつけよう。