梅雨のような、おいしいつまみ

ここのところずっと曇り模様の雨模様な天気が続いています。北海道に梅雨は無いとされているけど、まるで梅雨のよう。火曜日に洗濯して干した物の一部がまだ乾いていなかったりして(厚手のバスタオルとか)、家全体がジメッとした感じです。玄関に立ち入るとかすかにカビっぽい匂いが漂って来るので、カビが菌糸をググーッと伸ばしている様子を想像してしまいます。カラッと晴れたら玄関や窓を開け放して家の中を乾燥させたいです。あと、布団も干したい。太陽の匂いのするフカフカな布団で眠るのは気持ちがいいですよね。

f:id:ackee:20210708170746j:plain

わたしは料理のレパートリーが少ないので、もう少し作れるものを増やそうと、1週間ほど前に「今どき和食で早ウマごはん」というレシピ本を買ってみた。以前職場で一緒に働いていた料理好きの女の子が、オレンジページシリーズのレシピはとってもおいしいですよ、と言っていたのを思い出したので、オレンジページのホームページへ行って探して見つけたのがこの本。ほかにもたくさんのレシピ本があり、どれもこれも買いたかったけど、今回はまずこの本だけ。

本が届いたその日からいろいろ作ってみているけど、ここのレシピは本当においしいです。材料もお馴染みのものばかりだし作り方も簡単。特に本の最後の方にあるpart5の章は材料も2品とか3品だけでササッと作れちゃうものばかり。「カリカリ油揚げとキムチのっけご飯」はコメントに書いてあったように病みつきになってしまいました。はじめて食べてからというもの、ほとんど毎日、1日1食はこれを食べてます。焼いた油揚げとキムチと調味料を混ぜてごはんの上に乗せるだけ。モリモリかっこんでしまうほど大好きです。わたしはアルコールの味が苦手なので、油揚げを焼いた後の、まだアツアツのフライパンにみりんを入れてアルコールを飛ばしてから入れてます。あと、味はわたしにはちょっと薄めに感じるので調味料は少し増量して・・・ああ〜、こうして書いているだけでまた食べたくなってしまいます〜。

そして昨日の夜のこと。最近寝不足で(自業自得ですが)体調が傾き気味だったので今日こそは早く寝て睡眠を十分取ろうと、冷蔵庫に入っていた相方の発泡酒をくすねて「1人DE酒盛り Early summer of 2006」を開催。最近少し強くなってきたとはいえ、わたしは基本的には酒が苦手なので、年に数回しか飲まないのです。酒を飲めばすぐにパタリと眠れるの法則に従い、早い時間に寝るつもりで飲もうと思ったのですが、酒の苦味が苦手なわたしはつまみが無いと飲めないのです。しかし冷蔵庫に入っていたつまみらしいものと言えば、冷凍の枝豆がほんの少し。これじゃ足りなかろうと、あのレシピ本で見つけた「油揚げのねぎみそ焼き」というのもを作ってみました。本当は上に白いりゴマをふるのですが、用意していなかったのでゴマは無し。それでもこのおつまみはとてもおいしかった。酒を飲んだあとにこれを口に入れると、みその味で苦味がかき消されるので、わたしのように「酒に酔った感じは好きだがアルコールの味が苦手」な人にはいいかも(もちろん、そうでない方にもいいかも。)。

このつまみのおかげで楽しく酒を飲むことが出来ました。そして一晩ぐっすり眠って体調も上向き加減です。わたしは寝不足だと朝起きたときに、顔がアブラギッシュになるのですが、今朝はサラサラしていました。ぴちぴちぎゃるだった頃にはこのような現象は無かったのですが、30代に入ってからは寝不足すると必ず現れる現象です。寝不足は美容に良くないというのをひしひしと感じる瞬間です。

さて、このおいしいレシピ本、シリーズがたくさん出ているので、いつか全て揃えたいです。次は「ひと皿完結まんぷくごはん」を買おうかな。