しばらく休みます(2006年7月13日 )

右腕の腱鞘炎がなかなか良くなりません。肘から指の先までが常にむくんでいて火照っています。特に夜になるとひどくなり、腕がパンパンに腫れ上がってカーッと熱くなるのです。仕事と趣味はひかえて安静にしていたつもりなのですが、やはり日常生活を送る中ではどのシーンでも右腕のお世話になるわけで、全然安静になんかしてなかった・・・ということに気づかされました。

着替え、歯みがき、料理、食事、入浴、掃除洗濯、何をしていても手を使っている。安静にしているのが治癒への一番の近道なのに、それができていないのだから悪化するのも当然なのかもしれません。今もこうしてキーを打っていますが、やはり腕が痛い。「ちょっとぐらい大丈夫。休み休みなら平気。ゆっくりなら問題ないはず。」そんなふうに考えて、ちょこちょこ仕事もしていましたしね。

しかし、このまま悪化の一途をたどらせたくはありません。今この右腕を完全にダメにしてしまいたくはないので、とにかく必要最低限動かす意外は安静にしていることにしました。仕事も休ませてもらうことにして、引継ぎも今日までに完了。左手でタッチパッドを使ってパソコンを操作していても、微妙に右手に力が入っちゃうんですよね。なのでどうしったって右腕にダメージが。

仕事も趣味もしばらく休んで、腕の調子が戻ったら再開しようと思います。ええ、なんとしても休むのです。誘惑に打ち勝って治癒を目指すのです。1週間くらいで治ったら御の字なんですけどね。・・・これも全部自分のせい。何にでも入れ込みすぎるサガが恨めしい。ううっ、アデュー(涙)