10年続いたら浴びたい

札幌の今朝の最低気温は3.3度まで下がったそうです。どうりで寒いとおもいました。明け方トイレに行きたくなって目が覚めたのですが、震えながら用を済ませて急いでぬくい布団の中に潜り込みました。布団から出ていたのはほんの数分だったのに、パジャマも身体もすっかりひんやりしていたので、丸くなって肩や腕をさすっていました。最低気温がひとケタな日々のはじまりはじまりです。もう待ったなしな雰囲気なので、明日こそストーブ掃除を終わらせなくては(実はまだしてなかったのです、てへっ)。日中は16度まであがったのでオッケーだったのですが朝夕はハロゲンヒーターだけではちょっと物足りない感じがしますよ。

***
日ハムがリーグ優勝しましたね。テレビでビール掛けの様子を何度も見ましたが、皆さん本当に嬉しそうにはしゃいでいて楽しそう。わたしも死ぬまでに1度くらいは、あんなふうにはしゃいでビール掛けをして、何かを祝ってみたいものです。

わたしが祝うとしたらなんだろう……そうだ、もしもこのブログを10年間続けることができたら、わたしもビール掛けをするとしましょう。あ、でもアルコールは苦手だからサイダーにしようかな。でもサイダーが冷たいと、浴びたときヒヤッとしてお祝い気分も少し下降してしまうかもしれないから、湯煎にかけて人肌程度にぬるくしよう。

「わたしは、もしこのブログを10年間続けることができたら、人肌程度に温めたサイダーを浴びます。」

こうして改めて書いてみるとなんのことだか解らなくなってしまうね。でももし続けられたらきっと浴びてみましょう。野球選手たちのように専用の会場なんて借りられないから、お風呂場で浴びるのかな?たぶんひとりで?ペットボトルを逆さにしてダーッと?さ、さびしいかもしれない。でもあまりのさびしさに逆に笑ってしまうかもしれない。ふはははははーっと。