いろいろ納豆料理

相方が置いていった納豆、結局消費期限を1日過ぎた16日に食べきりました。毎日2パックから3パックづつ消費していったのですが惜しいところで間に合わなかったのです。・・・あ、今気づいたのですが、消費期限ではなくて、賞味期限でしたね。

f:id:ackee:20210709143253j:plain

f:id:ackee:20210709143307j:plain

本に載っていた納豆料理を一通り作ってみたのですが、どれもとても美味しかったのです。その中でも特に、カレー味の納豆のかき揚げが気に入りました。あのネバネバの納豆をサクッと食べられちゃうし、スパイシーなカレー味でどんどんすすむのです。揚げ油をキャノーラにしたので、2人前のかき揚げを平らげても胃がもたれなかったのは成功でした。

いろいろと工夫して食べたので、飽きなかったどころか予想していたとおりに納豆の世界が広がって良かったのですが、毎日気合を入れて食べなくちゃいけないくらいの量の賞味期限間近な納豆を置いて行くのはもう止めてもらいたいものです。

***
納豆のかき揚げが酒のつまみにいいかもしれないと思ったので、またしても冷蔵庫に入っていた相方のビールを1本くすねて晩酌してみました。しかし、1本飲み干しても酔いが回らず、ちょっと気持ち悪くなっただけでした。胃の中には身体が吸収することを拒んでいるかのように、いつまでも酒が溜まってタプタプしていたのです。ああ、わたしは酒を受け付けない体質から脱却することができないサダメなのですね。今まで酒に慣れたい一心で飲んでいたけど、わたしの身体は無理して吸収していたのかもしれない。もう酒豪への夢はあきらめることにするとしましょう。