年のはじめに

f:id:ackee:20210709150207j:plain

大荒れだった3連休。雪がドカッと降ると思いきや、降ったのは雨。風も吹き荒れていたけど、あまり冷たさが感じられなかった。荒れ模様の天気なのになんとなく暖かさを感じるだなんて、台風みたいです。真冬に雨を降らせた暖かい暴風雨。しかし今朝、目覚めてみれば久しぶりにまとまった雪が積もっていました。これでスキー場の雪不足も解消されるのでしょうか。冷え込みもしばらく続くようですし、今年の雪祭りも安泰なのかも。

母方の祖母が施設に入った。もともと痴呆気味だったのが、本格的になってしまったらしい。親族(主に叔母たち)はかなり前から「ばあちゃんはきっとボケるだろう。」と言っていたけど、本当にそのとおりになってしまった。なぜ叔母たちがそう思うのか、わたしにはわからなかった。理由を聞いても「なんかそんな予感がする。」という答えだったから、叔母たちの中では無意識のうちにいろいろなデータからそのような予測をしていたのかもしれない。「ばあちゃんはきっとボケる」と言われ続けたせいでボケちゃったような気がしないでもないけど、本当のところなんて誰にもわからないからね。

というわけで、週末は相方と、わたしのほうの妹と共に祖母を見舞いに行ってくる予定。ばあちゃんはわたしたちのこと認識できるんだろうか。「お宅さん誰?」なんて言われるのかな。今のわたしは、「まあそれもしゃーないなー。みんなのことが解らなくなったとしてもばあちゃんはばあちゃんさ。」と思っているけど、実際面と向かってそう言われたらどうだろう。うーむ。

***
今年の4月からの相方の仕事のゆくえがさっぱりわからない。もしかしたら地方に行くことになるかもしれないし、札幌で勤務することになるかもしれないし、転職することになるかもしれない。どんな道を選んでもらっても構わないけど、それが3月の末にならないとはっきりしないということなので、わたしは動きようがない。年明けから仕事を探すつもりでいたけど、場合によってはすぐに辞めることになるかもしれないとおもうとどうにもこうにも。迷惑かけたくないからね。ああ、先が見えない年のはじめです。