ナチュラルに燃焼

f:id:ackee:20210712164833j:plain

誕生日のお祝いにもらったケーキ。箱を開けて一目見てすぐに、これは2005年にもらったものとおなじケーキだとわかった。2年前のことだけど、けっこう鮮明に覚えているものなんだな。

もりもとの、このケーキ。とてもおいしいですよね。シフォンケーキをおもわせるようなフカフカでやわらかくかつ弾力をかんじるスポンジの食感。ふりかけられたココアパウダーのかすかなほろ苦さ。カカオの風味豊かなチョコレートクリームの妙なる甘さはしくこくなく、いくらでも食べられてしまいそうな予感を抱かせるんじゃないかなとおもったりしました。そして・・・。

f:id:ackee:20210712164849j:plain

昼頃にたべはじめて夕方に完食したのでした(同じ場所で撮った写真ですが、画面が少し暗くなっているのは夕方になって日が落ちてきたからなのです)。半分は残しておいて、明日食べようとおもっていたけど、1時間ずつくらい間隔を開けて少しずつ食べているうちに気づいたらなくなっていました。短い間にこれだけ食べたので、わたしのお腹はぽんぽんにふくれてしまいました。これはさすがにまずい気がしたので、明日から当分甘いものは控えて、ストレッチなどの運動も増量していこうとおもいます。

今日も外は氷点下。暖房は一日中つけっぱなし。ですが、灯油節約のため、夕方になって室温も20度近くまで上がったことだしと、一旦ストーブを消しました。しかし、そうすると室温はぐんぐん低下してしまい、フリースを着てタオルケットにくるまっていても、じっとしていると寒くてたまりません。1時間もしないうちに室温が15度まで下がり、鼻先も手も冷たくなってしまいました。こりゃたまらん、やはり真冬日は手ごわいなどとおもいつつ、暖房を入れようと立ち上がりかけて、はたと気づいた。

わたしってば恒温動物よね。ってことは外の気温が低ければ低いほど、奪われてゆく熱を挽回しようとして身体は体温を上げようとがんばるんだよね。そうするにはカロリーをたくさん消費するんじゃない?はっ、そうか。これでさっき摂取しすぎたカロリーが燃え尽きる。よし、このままもう少し我慢しようじゃないか。室温10度まで頑張ろう。ふっふっふっ、寒さのおかげで黙っているだけでナチュラルにカロリー消費できるぜ。

そして10分後。辛抱足らずにストーブのスイッチを入れてしまいました。いくらなんでも寒すぎて我慢できませんでした。そういうわけで消費しきれなかった分を蓄積しなくて済むように、やはり運動などで頑張っていこうとおもいます。

明日も一日中気温がマイナスな真冬日になるそうですね。朝冷えてるんだろうなー。起きるのが辛い季節ですね。朝目が覚めてトイレに行くために一旦起きて、用を足してから急いで戻ってきてもぐりこむ布団のぬくもりがパラダイス。