犬が三毛の一族とタゴール

犬神家の一族」の誤変換は「犬が三毛の一族」。っていうのを、以前どこかで見たんだけど、どこだったかな?と思って検索してみて再発見。日本漢字能力検定協会変“漢”ミスコンテストでしたね。

松子さん竹子さん梅子さん、それぞれの家には犬がいた。そしてその犬はみんな三毛。物語の中では明かされなかった真実がここに。なんてね。

犬神家の一族を読み終わりました。

***
先月の末にロス先生の『死ぬ瞬間』を読み終えました。各章の扉のタゴールがいいですね。特に第六章がわたしは好きです。

 

世界は、ためらう心の琴線の上を、悲哀の音楽を奏でながら、疾走していく。
タゴール 『迷える小鳥』四四節

 

ラビンドラナート・タゴール。いいですね。今度、ギタンジャリ読んでみようと思います。