午後の散歩とおやつと狼狽

f:id:ackee:20210714155650j:plain

f:id:ackee:20210714155700j:plain

モエレ沼公園の東側駐車場を抜けてすぐのところにある橋。その脇にある横道を抜けるとこんな場所に出る。ほとんど車も通らず人気もないところなので、たまにここに来てモグさんと散歩をしています。裏側から見たモエレ山が小さく見える川のほとり。続く砂利道の両脇には、色とりどりの花が咲き乱れています。薄い青色の小さな花、白いマーガレットとシロツメクサ、そしてピンク色のアカツメクサ。空を渡る小鳥のさえずりをききながら散歩するのは気持ちが良く、昨日はそれほど暑くなかったし、爽やかな午後四時のひと時を過ごすことができました。風が少し強かったけどね。

わたしは今は髪が伸びきっていて、長さは脇のあたりほどあるから、昨日みたいに風がある日にはボーボーなびいてちょっと邪魔に感じてしまいます。結わえていたらよかったんだけど。

f:id:ackee:20210714155718j:plain

散歩の後は一旦家に戻ってモグさんを降ろしてから、スタバに行ってコーヒーを飲みながら一時間ばかり読書。もちろんその前にこのシナモンロールを。最近スタバに行くたびに、ショーケースの中かレジ横のおやつを一つづつ試してみています(全制覇に向かって進行中)。チーズケーキはこってりしてて重くて、わたしはとても好きな感じです。レモン味のマカロンもおいしかったし、クッキーはアメリカンな感じで大きくて、マシュマロが入っていたりするところがいいなーと思います。シナモンロールは温めてもらうとおいしいね。

で、このとき読んでいた本は「悪魔が来たりて笛を吹く」でした。今年一月に買ったにもかかわらず、いまだに読んでいなかったこの本。後から買った本を先に読んでしまったせいなんですけどね。他にも買ったはいいものの読んでない本がいくつかあるのでもっと時間を作って早く読みたいです。

読書中、おこまさんの件に驚いたわたしは顔を上げ、「おこまはんが大変なことに〜」と、向かいに座っていた相方に言ってしまいました。が、彼は怪訝そうな顔で「意味わかんないんですけど」と言う。ああ、そりゃそうだね。いやあ、ショックだったのでつい。わたしも周章狼狽してしまったのです。