爆発の危機

先週の中頃にボイラーが壊れてしまいました。使用中に異常な音がしはじめ、煙突の根本の部分は焼けて真っ赤になるし、継ぎ目からは煙がモクモクと噴出。「このままでは爆発するんじゃ・・・」というような様相だったので、怖くなって使用を止めて大家さんに連絡すると、翌日に業者さんと一緒にやってきて点検してくれました。その結果、修理するよりも交換したほうが安上がりだということで、新しいボイラーがやって来ることに。もうすでに交換も済み、今は新しいボイラーを使っているのですが、音は静かだし、今までのものと比べるとすぐに温まるし、お湯の勢いもいいので正直嬉しいです。よかったー、これでシャワーが快適に。

ボイラーが使えなかったのは二日間だったのですが、その間はもちろんシャワーも使えずお風呂も入れませんでした。こういうときこそ銭湯に行きたいところですが、一日目は急だったので行けず。でも暑かったので汗だくになっていたし、どうしてもさっぱりしたかったので、台所にて疑似入浴をしました。といってもシンクにお湯を張って浸かったというわけではなく、やかんでお湯をわかして洗面器に入れ、そこに浸してしぼったタオルで体をフキフキしました。全身を3回くらい拭いたら、思ったよりさっぱりして気持ちよかった。次の日は銭湯に行きましたが、夏の暑い時期にシャワーが使えないってちょっと困るね。

不便な二日間だったけど、シャワー環境がよくなったのでオッケー。