無事に修了

f:id:ackee:20210715161125j:plain

ちょうど一週間前のことですが、ホームヘルパー2級の修了証ができたよ、という連絡をもらったので学校まで取りに行ってきました。いろいろと頑張ったので、こうして無事に修了証を手にすることができ喜びもひとしおです。学校に通っていた期間を振り返ると、恥ずかしいことやら変な失敗などが思い出されて悶絶してしまいますが(わたしの失敗というのはどれもが本当に些細などうってことないものばかりなのですが、ふとその記憶がよみがえりそうになるともう身をくねらせてしまうほど恥ずかしいのです)、それでもなんとかゴールできたので、活かすところは活かし、忘れるところは忘れて、今後の身の振り方を考えてみようかなと思います。

この日仕事が休みだった相方は、学校まで車に乗せて行ってくれました。そして帰りはそのままドライブにでかけ、小樽市は朝里のダムまで行きました。が、天気が悪く雪も降っていたので海は見渡せません。夏の間のこの辺りは最高の眺望で、さざ波立つダム湖と緑豊かな山並みが美しいのですが、やはり冬はなにもかも雪に埋もれていて冷たく厳しい景色です。車もあまり通らず、静まり返ったこの場所で、聞こえてくるのはピュオーという風の音だけ。ここに一人取り残される自分を想像してしまい、なんだか怖くなって急いで車に乗り込んでしまいました。でもモグさんはめっちゃはしゃいで雪の中にダイブしたりしてました。身近な野生ですね。