きっかけはおみくじ

f:id:ackee:20210716170055j:plain

昨日は積もりましたね。いつもの歩道もこのとおり、雪で埋もれていました。昼過ぎになっても除雪は入らないままでけもの道のよう。コンビニやバス停に向かう道だから、ここを苦労して歩いた人多かったんじゃないかな。通勤だと長靴履いて歩くわけにもいかないし、困りますよね。午後になってから除雪が入ったので現在は道幅も広がり歩きやすくなっています。どんなに雪が少ない年でも、必ず一度や二度はこんなふうにどっさり雪が降る。今年はあと何回来るのかな。

f:id:ackee:20210716170113j:plain

なかなか初詣に行けずにいて、15日にようやくお参りしてきました。今年は北海道神宮。閑散としているんだろうなって思っていたけど、平日の午後にもかかわらずけっこう訪れる人が多いように見えました。駐車場も車の出入りがひっきりなしだったし、境内にも人が途切れることはなかった。なので出店は閉まっていたけど、あまり寂しくはなかった。

参拝者休憩所ではほうじ茶ふるまわれていたのでわたしもいただきました。こうばしくておいしいお茶。暖房が効いていて暖かな休憩所の中には、六花亭が出店していてお菓子やお茶が売られていました。そして気になるのぼりの「判官さま」ってなんだろう。こういうお菓子があるらしいのですが、あいにく売り切れていたのでどんなものなのかわかりませんでした。今度見つけたら買ってみます。

f:id:ackee:20210716170127j:plain

そして毎年恒例の幸福おみくじ。今年ももちろん引きました。結果は末吉。・・・う、うーん。イマイチな運勢。しかし初の福銭。引けども引けども銭亀と熊手だったわたしには嬉しいアイテムでした。

大吉ではなかったけど、末吉を引いてよかったかもしれない。おみくじのなかに書いてあることは、誰にでも当てはまることかもしれないけど、そこには真実が書かれていると思う。だから自分を見つめなおすきっかけになるような気がします。今回は運勢の部分に、はっとさせられました。今のわたしはやりたいことがたくさんあって、あれもこれもと手を出した結果、すべてが中途半端で焦るばかり。このままではいつまでたっても何一つ成し遂げられない。読書だってろくにできなくて、いつも不完全燃焼。どうにかしなくてはと思いながらも手をこまねいていました。

時間の使い方を見直してみよう。なんでもかんでもやろうとするからこま切れになってしまう。まず優先順位を決めて、順番に終わらせていったほうがいいかもしれない。そんな感じでやってみたらどうかな?今まで無理がありすぎだったのかもしれない。そういうわけで、スケジュールを改めることに。とりあえず日記は日曜にまとめて書くことにします。日付はさかのぼって書くかもしれないので、見返すと週に何度か書いているように見えるかもしれません。

おみくじは木に結ばないで持って帰ってきてしまいました。何度も読み返したかったからなのですが・・・いいのかな?