スーパー残暑、期待の深型弁当箱

きょうこそ一息つける気温ですが、もう9月だっていうのにきのうまでほんとに暑かった。8月の30日に34度にもなってたまりませんでしたよ。暑さにやられてダメージを受けた野菜さんたち不作でもろに高騰。ほうれん草なんて3株で200円くらいしていたのを見ましたが、きょうスーパーへいったら10株で160円くらいになっていたのでやっと買うことができました。いつもの夏ならほうれん草は1袋100円しないくらいで買えるのに。キャベツや白菜も葉っぱの先の方にぶちぶちと穴があいていてかわいそう。さんまも不漁で高いし、これだけ暑いといろんなところに影響出ますね。もうそろそろ終わって欲しいですこの暑さ。

f:id:ackee:20210716221209j:plain

相方のお弁当箱。いままでは2段になっているものを使っていたのですが、1段のものも欲しくて深型のを買いました。イエロースタジオOC 箸付1段ランチボックス700ml (ベルト付)です。フタの色は相方のリクエストによりブルーにしました。どんぶり系とかチャーハンやピラフなんかにいいかなーと思って。新しいお弁当箱を使うのがなんだか嬉しくて、通常のお弁当を入れるのにも使ってます。深型だからちょっとおかずが詰めづらいけど、おろしたてのぱりっとした雰囲気がよくて毎日活躍中です。2段のものに比べるとあんまりおかずが入りませんがそのぶんお弁当作りは楽だったりします。

でもなんだか毎日おんなじような中身になってしまうのが悩みの種です。相方の好みを考えて、きらいなものを入れずに、となるとワンパターンになりがち。一段弁当箱でどんぶり系とかチャーハンなんかを作って種類を増やしていきたいです。あしたは鳥の照り焼きどんぶりにでもしてみようかな。