忘れて買って、線香が増えました

f:id:ackee:20210716224038j:plain

f:id:ackee:20210716224049j:plain

はっ、線香忘れた。そう気付いたのは家を出てだいぶ経ってからのことでした。家へ戻るにはもう遅すぎる。数年前に買った線香。まだあんまり減ってない。それほど大きなパッケージではないけど、年に1度、祖父の墓参りに行くときくらいしか使わない。だから減りようがない。このペースでいくと向こう10年は持つのではないか、そう思っていたのに。墓参りに肝心なアイテム線香。忘れたとあっちゃあ買うしかあるまいに。そんなわけで道中、霊園から一番近いコンビニでお線香を買いました。増えたー増えたよー全然減らないお線香が増えたよー。

特に使用期限などがあるわけでもないし、引き出しにしまっておけばいいだけなんだけどね、たくさんあるのでお香として部屋で焚こうかなと思ったりもしています。白檀の香りって落ち着くから、たまに漂わせてみようかな。お線香を立てるための砂を買ってこようか。

この線香は、煙のかなり少ないタイプとなっている。確かに煙がほんのり漂うお線香。それに比べて子供のころ、祖父の家で仏壇にあげたお線香はけっこうもくもくしていたなーとなつかしく思い出しました。夏休みや冬休みは長いこと祖父の家で過ごしていて、朝は仏壇にお供えするごはんを盛って、ローソクに火をともし、お線香を立てていました。お供えの果物が食べごろになるのが待ち遠しかった。夏はやっぱり桃だったな。