冬支度のサーキュレーター

今月に入ってからの数日間はとても冷え込みましたね。あちこちの峠で雪が降り、旭川で初雪。札幌は雪こそ降らなかったものの吹く風は痛いほどの冷たさで、早くもストーブの出番でした。天気予報ではかなり強い冷え込みが来ると数日前から言っていたのでそれに合わせてストーブガードを買っておいてよかったです。生後10か月のハイハイとつかまり立ちが盛んな赤ちゃんには、むき出しのストーブはあまりにも危険。でもまさか10月のはじめにこんなに寒くなろうとは。少し前まで夏日だったりしなかった?

夏が終わって間もないような気でいたら、不意打ちのようにやってきた前述の冷え込み。忘れていた冷たい季節の厳しさを思い知らされたような気がします。冬に備えてまだまだ足りないものがあるっていうことが浮き彫りになったような感じ。そういうわけでつい先日、相方の休みの日に車を出してもらっていろいろ買ってきました。衣替えのための押し入れ用衣装ケースとか、息子の手袋に帽子に温かいパジャマとか、部屋が寒いときに着るフリースとか。それから忘れちゃいけないサーキュレーター。部屋の空気を循環させて、天井付近に溜まった温かい空気を動かし足元まで温かくなるっていうのを聞きますからね。これで低い位置にいる息子を温かく過ごさせてあげようという計画なのです。これでハイハイ赤ちゃんも安心かな。

そのサーキュレーター、店頭で見たら消費電量が値札に表示されていました。その店で最もお買い得価格の1980円のものが1時間あたり6.5円。そして最も高い3980円のが0.6円。最初はお買い得価格のほうを買おうかと考えたのですが。たぶん1日20時間くらい使うはずの我が家としてはどうなんだろうと思い、頭の中で「うーん」と計算して気がつきました。3980円のほうが結果的にお得だ。1日20時間、ひと月30日だとして、1時間あたり6.5円の方は毎月3900円。0.6円の方は360円。......全然違うじゃない。危ない危ない。本体の値段だけで決めてしまうところでした。もちろん3980円のほうを買わせていただきます。消費電力の表示って親切。こういうのって自分の使い方によって決めるといいんですね。