最近買い替えた家電

f:id:ackee:20210720164006j:plain

8年前に買った炊飯器(写真右、左は新しい炊飯器)。だんだんお米がうまく炊けなくなってきた。いよいよ寿命を迎えそうな予感。いきなり炊けなくなると困るので、その前に買ってくることにしました。イオンで購入。以前とおんなじメーカー。タイガーの炊飯器。炊いてみてびっくり。ごはんがおいしい。ふっくらしていて粒が立っている。いったん冷凍して、電子レンジで解凍してもおいしい。いままでのものだと炊きたてはいいとして、解凍したものはべちゃっとしていたのであんまり食べたくなかった。やっぱりごはんは炊きたてが一番、そう思っていたけど、新しい炊飯器はその認識をみごとに変えてくれました。冷凍ごはんでもチンしたら炊きたてみたいにおいしい。炊飯器って8年でこんなに進化したんだ。上位には属しない価格帯だと思う。そういう炊飯器でもここまでごはんがおいしいなんて。おかげさまでめちゃめちゃまとめ炊きして冷凍しています。ちょっと楽できています。

f:id:ackee:20210720164024j:plain

そしてこちらは電気ストーブ(写真右が古い電気ストーブ、左が新しいほう)。何の前ぶれもなく、ある日突然動かなくなってしまいました。スイッチを入れてもうんともすんとも言わない。ブーンというかすかな振動音がきこえて、管が赤く熱せらはじめると同時に温もりが広がっていたというのに、しんとして冷たいまま固まっている。コンセント確認、スイッチ確認、動く条件は整っている。でも動かない。寒くなりはじめたころだったから、これくらいのストーブがちょうどいい時期。灯油ストーブだと暑すぎる、しかし暖房なしだとなんとなく肌寒い。なのでその日のうちに新しいのを買ってきました。お値段は前回と同じく約3千円。こちらは炊飯器と違ってそれほど進化は感じなかったけどそれもそのはず、壊れたほうを買ったのは3年前くらいだったかな。それでも幅広なので安定感があるし、パーツが大きいので操作しやすいです。

でもこれが10年後とかだったらどうなっているんだろう。少ない電力でとても暖かくなる電気ストーブが現れたりするのかな。人々の汗と涙が家電を進化させてゆくのでしょうか。10年後、20年後に比べてみると驚くほど何もかもが変わっているのかもしれないですよね。それまでここを続けられたらおもしろいだろうなって思います。