ポテトマシーン

f:id:ackee:20210722153958j:plain

いつものジャスコにはマクドナルドが入っている。そのマックでは今ビッグマックが200円。セットも安いぜ、ということでジャスコに行ったついでにビッグマックセットでランチです。うーん、やっぱり大きい。たまにこういうのをおなかいっぱい食べたくなるんですよね。ではさっそくいただきまーす。とかじりつくのはフードコートのキッズゾーン。ベビーカーから降り、ソファーの上でわたしにくっつきその様子を見ていた息子。1歳を迎えて大人の食べ物をなんでも欲しがる時期になってきたので、わたしがビッグマックにかじりつくのを見てちょうだいちょうだいと手を伸ばす。なのでバーガーのパンを小さくちぎって口に入れてあげたらいやそうな顔をしてベーっと出しちゃった。直前に赤ちゃん休憩室で離乳食を食べてきたからね。

そして最初に抜き取ってあったドリンクのストローをなめなめかじかじ。ひとしきりそうして遊んだあと、興味はポテトへ。息子はポテトを手に取り、なぜかそれをわたしの口へ入れる。「ん?くれるの?あーん。ありがとう(もぐもぐもぐ)」と、お礼を言って食べるとまたすぐ次のポテトがやってくる。こうして次々に、けっこうなペースでポテトを食べさせてくれるおかげでなかなかビッグマックが食べられず、わたしはそれを左手に持ったままずーっとポテトをもぐもぐしていました。ポテトが全部なくなってからやっと食べられた。そしてストローがなくなったドリンク。紙コップのふたを開けて、氷にはばまれながらちょっと苦労して飲みました。氷と氷のあいだからちょろちょろ出てくるのをすするのね。油断すると氷がごろっと出てきて鼻に当たります。

息子はわたしにポテトを食べさせるのがおもしろかったのかな。あわあわしてしまったけど、こうして息子連れでも外食できるようになって嬉しいです。そのうちなんでも食べられるようになったら一緒にどこかでランチしよう。

追伸。おぼんがふたつあるのはポテトが後から来たからなのと、ビッグマックを外で食べるのは平気になりましたよ。以前は家に持ち帰って存分に大口をあけて食べるというのがこれをいただくうえでの楽しみみたいになっていまいたが、今では外でも楽しめちゃいます。ふふっ、お、と、なー(ち、違っ)。