はーい

明け方、午前5時半ころ。そろそろ起きて弁当と朝食の用意をしようかと思いながら布団のなかでうだうだしていところ、わたしの隣で寝ていた息子が突然小さな声で「アンパンマーン」と言った。とりあえず返事しておいたほうがいいのかなと思ったので、わたしも小さめの声で「はーい」と言っておいた。息子は目もあけず、そのまま眠りづつけていた。なんだろう。アンパンマンの夢を見ていたのかな。