濃厚チョコのバターケーキ

f:id:ackee:20190928010010j:plain

わたしが子供のころは、ケーキといえばバタークリームだった記憶があります。誕生日もクリスマスも、お祝いのホールケーキはバタークリーム。でもいつしか生クリームのケーキが現れ、バタークリームケーキはその座を明け渡しましたね。生クリームのあのなめらかな舌触り。ほどよい甘さにミルクの風味。それはもうたまりません。バタークリームケーキのほうが価格が低かったこともあり、しばらくは生クリームケーキと並んでいたような気もしますが、やはりそのおいしさの前にバタークリームは淘汰されていったのでしょうか。見かけることは少なくなっていきました。

しかし。時を経ていま、バタークリームがスーパーのスイーツコーナーに降臨。わー、久しぶりー。懐かしくて買ってきてしまいました。最近人気が復活してきたんだって?いやあよかったねきみー。会えて嬉しいよ。

f:id:ackee:20190928010018j:plain

これこれ、このコーティング。つやつや。

f:id:ackee:20190928010026j:plain

これこれ、このスポンジ。パッサパサなんだよね。

口へ運ぶとスポンジは思った通りのパサパサ感。でもこのパサパサは表面にコーティングされたチョコと溶け合ってなめらかになる。中にサンドされているアプリコットジャムの甘酸っぱさとチョコのほろ苦さ、そしてバタークリームのコクが混じりあって至福のハーモニーが奏でられていきます。鮮明によみがえる記憶。確かに小さいころ、このバタークリームを味わいました。本当に懐かしい。

大人になった今は懐かしさもあいまって本当においしく感じられます。また買おう。バタークリームのケーキ。