セルフ胃洗浄への道、ストロング系チューハイとわたし その1

 あれはいつのことだったでしょうか。たぶん去年の5月くらいのことだったと思う。

 なんだかね、CM見てたらとてもおいしそうに見えたんですよ。ストロング系のレモン味のチューハイ。アルコール9%とさすがストロングの名を冠するだけのことはある度数の高さ。下戸なわたしには危険なのではないかと不安を覚えながらも試しに飲んでみよう、というか飲んでみたい、いったいわたしはどんなふうになるのか、という好奇心から購入してみました。500mlのロング缶。本当はちっちゃいのでよかった。だけどその店に350ml缶は見当たらない。あるのはロングのみ。いきなりこれはまずいのではないのか、未知の世界なのだからここはやはり少量から様子を見ないといけないのではないかと思いながらも、他の店へ探しに行くのも面倒だったし半分くらいでやめてもいいよねと考えて買ってしまいました。これが後に嘔吐祭りへと続き、そしてセルフ胃洗浄とも言えるような惨事を招くとは、このときには思いもよらなかったのです。

つづく。