カオスだよ

18日の朝、テレビの全国ニュースでヒグマ出現のニュースが。出現場所は札幌の市街地?地下鉄駅の近く?住所は……ここから歩いて20分くらいのところだ!学校も近いしこんなんで登校したらダメなんじゃ。そうだ学校から連絡は来てないだろうか、とメールチェック(数年前に連絡網が廃止になって学校からの連絡はメールで一斉送信になりました。時代は変わったね。)したら来てました。登校を見合わせるようにというメッセージが。あわてて息子に「学校に行ったらダメだよ!」と声をかけた。あああ危ない。危ないです。子供が体長150センチのヒグマになんて襲われたら平手打ちされただけで首が吹っ飛ぶんじゃないでしょうか。1915年、大正時代に起こった三毛別の熊事件が頭をよぎります。今回のヒグマには襲われた方もいて、その瞬間の映像も見ましたがあまりの怖さに顔が歪みました。ただ歩いていただけなのに後ろからヒグマが走ってきて押し倒し噛みつく。倒れたまま動けなくなる男性。その他にも3名の方が怪我を負ったそうですね。どれだけ恐ろしかったことか。皆さんの傷が早く回復しますように。でも誰も命を奪われるようなことがなくて、その点だけはわたしも本当に良かったと思いました。

決着したとニュースで知ったのは午前11時半ころだけど、その前に学校から臨時休校にしますという連絡が来ていました。きっと何時までに安全が確保されなければ休校にするとか時間が決まっているんだろうね。学校の教員さんのなかには出勤途中で熊を目撃された方もいたそうで、そりゃあ登校見合わせにもなりますよね。怖いですよ。

その日の札幌は、他にも路上を歩く全裸男が北区に出現、白石区では刃物男が出現、熊は自衛隊の駐屯地の敷地にまで入ったということで本当にカオス。なぜこうも物騒なことが重なるのか。ネットでは札幌終わったとか話題になっていましたね。

全裸男は全裸なのにマスクだけはしていたそうで、すっぱだかなのに感染にだけは気を使っていたもよう。まさかマスクを身に着けているから全裸じゃないとか主張するつもりだったのか。股間は手で押さえていたって。ターミネーターかっていう突っ込みに笑いました。どうしてそうなったのか全然わからないけど、そこに至る確かな道筋がきっと彼らのなかにはあったのでしょうね。もう変なことが起りませんように。

それから気温が上がるにつれて珍走団もたくさん出現しています。ぶりぶりばりばり言ったり、間の抜けたパープー音でゴッドファーザーのテーマを奏でていきます。春先の暖かくなるころから秋口までがシーズンです。冬は現れません。虫か。冬は路面が凍るし寒いから出ないのねといつも思っています。この意気地なし。いやいいんですけどねそれで。人死にが出ちゃうからね。なら通年やらないでもらいたいんですけどね。あれ見てかっこいいと思う人いないでしょう。うるさいなーと思いながら通り過ぎるのを待ってるだけで。どういう気持ちでぶりばりしているのか全然わかりません。冬は静かでいいのに。札幌は夏の夜もオールウェイズカオス。