鼻から味噌汁

昨日の夕食のとき、味噌汁を飲みながらテレビでおぼん・こぼん師匠の漫才を見ていた息子が突然爆笑しはじめた。口に含んだ味噌汁を吹き出すまいと必死で我慢している息子に「味噌汁飲み込みなさいよ、吹くよ」と声をかけたけど飲み込めず、ついに限界に達し鼻から味噌汁ぶしゃー。その姿に「鼻から、味噌汁、吹いたー」と言いながらわたしも爆笑。つられて息子の爆笑もさらにエスカレートし今度は口からも味噌汁ぶしゃー。笑いすぎてその場でもがき苦しむ息子はぶっしゃーしたまま味噌汁の器をひっくり返してテーブルとフローリングにもぶっしゃー。なにこの連続技。そこからさらにわたしも息子もげらげら笑い、笑いすぎて腹筋が痛くなるわ呼吸が苦しいわ涙出るわでたまらなかった。ひーひー言いながら味噌汁まみれの息子の顔とテーブルと床を拭いた。

おぼん・こぼん師匠の漫才はすごい。夕食の席に壊滅的な笑いを与えてくれた。これくらい笑えるとすっきりストレス発散。芸というのは本当にすごいものですね。息子からは「あんなに苦しかったのにお母さんは助けてくれなかった」って言われたけど、どう助けたらええんや。顔拭いてあげたじゃんって言っておいた。