トマトベリーとサンタさんの正体がばれた話

今日のスマホ発掘写真。日付は9月10日。トマトベリー。1パックで税込み170円なり。

f:id:ackee:20211022220653j:plain

見つけるたびに買う、このおいしいトマト。甘くて果物みたいだよね。いつも行くスーパーでは必ず売っているわけではなくて、たまに入荷している程度。あちこちで引っ張りだこだからなのかな。なかなか回ってこないけど、あれば速攻で買い物かごに入れている。このときのは小粒なのがぎっしりパックに入っていた。このお値段でこれだけ入っていたら嬉しい、と、あのときの自分は思っていたんじゃないだろうかと回想しています。

Huluでいろいろなアニメを見ています。『慎重勇者』も『魔王城でおやすみ』も、おもしろいですね。『炎炎ノ消防隊』も『かくや様は告らせたい』も『リゼロ』も『呪術廻戦』も次のシーズン早く来ないかなーと思っています。最近は『小林さんちのメイドラゴン』も観ました。そのメイドラゴンですが、小林さんがカンナちゃんの枕元にクリスマスプレゼントをこっそり置こうとしているシーンがありましたね。それを見てうちの息子、サンタさんの正体が実はお母さんだったということに気がついてしまいました。小学校に行くようになるとサンタさんの正体は親なんだよという話も耳に入ってくるわけですが、つい最近までは半信半疑だったそうで、サンタさんは本当にいると信じたかったと言っていました。でもアニメのあのシーンを見てうちのサンタさんも実は母さんであったと知ってしまった。はい、今年からはクリスマスプレゼントに何が欲しいのかを聞き出すのに苦労しなくてよさそうです。もう直接聞いちゃっても大丈夫。

数年前、コカコーラのCMでサンタさんにコーラをお供え(?)しておくとそれを飲み干したサンタさんが空のボトルとともにサンキューというメッセージを残しておいてくれる、っていうのをやっていたよね。息子もあれに憧れてね、サンタさんにコーラをお供えするんだと言って自分のお小遣いでコーラを買ってイブの夜に枕元に置いていた。でもそれを買うときにわたしは必死にコカコーラゼロにしてあげなさい、サンタさんはちょっとメタボっぽいからゼロのほうがいいよとおすすめした。実際飲むのはわたし。空のボトルを置いておかなくちゃならないので飲み干すことになるわけだけど、夜遅い時間に飲食すると胸やけするようになっちゃってね。ゼロにしてもらわないと飲めないと思ったんだよ。息子は普通のコーラを置きたいと言っていたけど、説得の結果ゼロを選んでくれた。わたしは息子がぐっすり眠ったのを確認すると、夜半にコカコーラゼロをがぶ飲みしてボトルを空け、Thank youのメッセージを書いたメモを添えてプレゼントとともに枕元に置いたのだった。翌朝、それを発見した息子は嬉しそうだった。そのメモを眺めてはサンタさんが僕のお供えしたコーラを飲んでくれたんだとはしゃいでいた。

そして今年。サンタさんの正体を知った息子は、あのとき必死にコカコーラゼロをすすめたわたしに対してちょっと疑念を抱いていたのだと打ち明けてくれた。なぜそんなにゼロをすすめるのか、もしかして普段からゼロをよく飲んでいる母さんが正体だからなのだろうかと。でもやっぱりサンタさんの存在を信じたくてそんな気持ちを否定していたのだそうだ。「やっぱりねー、あのときもしかしてお母さんなんじゃないかと思ってたんだー」とにこにこしながら言っていた。

いくつくらいまでサンタさんを信じていてくれるんだろうかと思っていたけど、メイドラゴンで真実を知ってしまった息子。実は今年もサンタさんにコーラをお供えしようかと思っていたらしい。しかしもう夜中にコーラがぶ飲みしなくて済みます。いつかは知るときがくるんだものね、ありがとう小林さん、って思いました。小林さん好きです。カンナちゃんもかわいい。