密やかな命名

好みのタイプはどんな人なの?芸能人でいうと誰?というわたしの質問に、「う〜ん、野村萬斎?」と答えていた妹。あの狂言師野村萬斎氏が理想の男性なのだ、という。そんな妹に彼氏が出来たらしい。何気なく彼氏はできたのかと聞くと、「で〜きた〜。」とゆるい感じの返答が返って来たのであっさりと発覚したわけですが。

どんな感じの人なの?と質問するわたしに妹は、ダーリンの写メを見せてくれた。携帯電話のカメラで撮った小さな写真。液晶ディスプレイの中のダーリンは、野村萬斎氏に似た雰囲気。和風のあっさりした顔立ち、漂う気品、柔和な笑顔。全体的に清潔そうなダンスィーにわたしは心の中でひっとりと、『まんさい君』と命名した。実際、妹にそれを言うと怒られるに決まっているのでこっそりと、心の中でだけそう呼ぶのだ。

妹は今年大学3年生。まんさい君はすでに卒業して、今年社会人1年生。このまま順調に交際が進んで行けば、いつかこのまんさい君がわたしの弟になるということもあるかもしれない。わたしには弟が2人いるのだが、さらにもう1人弟が増えるのだ。いいね、まんさい君。今度まんさい君も交えて、みんなでどこかに遊びに行きたいな。これからの季節は海辺でジンギスカンとかいいよね。