束ならば

f:id:ackee:20210709142654j:plain

昨日のこと。相方が昼食にナポリタンを作ってくれるというのでお願いすることにしたのだが、あの長いスパゲッティの麺を余裕でゆでられるような大きなナベが今この家には無いので、仕方なく小さなナベでゆでることになった。大きなナベは、相方がとうきびをゆでるからと社宅に持っていったまま、いつも忘れてきてしまうのだ。

「麺がはみでるから、半分に折ってゆでるといいよ。その方が食べやすくなるしさ。」というわたしのアドバイスに、なるほどねーと言ってうなずき、お湯がぐらぐらと煮立つナベの前で、袋から取り出した3束の麺(わたしは1束、相方は2束で計3束なのだった)の両端をしっかりと握る相方。フンッと力を込めて真っ二つに折ろうとしたのだが・・・。

束ねられたスパゲッティはビクともしない。渾身の力を込め、全身をぷるぷる震わせながらトライしてみても、ちっとも折れる気配がない。数回の挑戦ののち、ついに相方はふてくされ、「こんなのどうやって折るんだよー。無理じゃん。」と口をとがらせてふくれっつら。

そんな相方におもわず、「お前は三本の矢か!」と突っ込みを入れてしまいました。1本なら簡単に折れるけど、そんだけ束ねてたら無理だろ。己のパワーを見せ付けるためとか、そういった理由であえて挑戦しているのかと思っていたから何も言わずに見ていたんだけど、マジボケだったんだね。

相方はその後、小分けにしたスパゲッティを苦笑いしながら折っていた。こんなに激しい天然ボケを見たのは、おら久しぶりだ。んだども作ってくれたスパテッティはうまかったど。

***
オーマイの100グラムずつ束ねられてるスパゲッティって便利ですね。量らなくてもいいので楽だし、茹で時間5分で早いし、この麺の細さも好きな感じです。