年が明けるまで待って

現在使っているテレビは、実はかなりの年代物である。ここへ引っ越してきた3年前に、それまで実家で長いこと使い続けていたテレビを父が持たせてくれたものなのであった。それは、新しい環境に移るわたしに、いつも家族の思い出の側にあり続けたこのテレビを持たせることで、心の支えと安心感を与えようとしてくれた、父の親心なのです・・・っていうエピソードなんかがあったら感動的なんだけどね。実際は、「ああ、ちょうどテレビ買い替えようと思ってたんだー。もうこれいらないから持ってってよ。テレビ無いんだろ?買わなくて済んでよかったな。」っていうことなのでした。父さん、わたしを大型ゴミ処理センター代わりに使うのはやめておくれよ。

しかしなんだかんだ言って、まだ使えることだしと譲り受けることにしたのだが、あれから3年経った今、このテレビはそろそろ寿命を迎えようとしている。買った当時は最新型だったこのでっかいブラウン管テレビも、購入から20年。スイッチを入れると、超音波のようなキーッという音がするようになったわけで、音量もめちゃくちゃなわけで、無音になったかと思うと急に大音量になったりするわけで、当然地デジには対応してないわけで(←北の国からの純君風に)。

それでも調子が良いときには普通に観られるんだけども、なにかと不便なのでそろそろ買い替えようかとおもっていた。が、なんだか今はテレビの値段がどんどん下がってきているらしいから、しばらく待てば今は手が出ないようなお高いテレビも買えるようになるかもしれない。それに、来年の雪解けの頃に引っ越す予定だから新居の大きさや環境に合ったものを買ったほうが得なのかもしれない。だから今は、父から譲り受けたテレビの処分だけして、新しいのを買わずにしばらくテレビの無い生活を送ってみてもいいかなと。

しかし、そうすると毎年楽しみにしているナイナイの年越し番組が観られないんですよね。年に一度の楽しみが味わえないなんて寂しいから、大晦日が終わって正月休みが開けてから処分しようと思います。ニュースは新聞で読むからいいけど、毎週楽しみに観ているネギま!?とかケロロ軍曹とかきらりんレボリューションとかが観られないし、日曜日に欠かさず観ているCSI:科学捜査班も観られないのが寂しい・・・。けど、後でレンタルビデオで観られるね。