あと6時間ほどで

年が明けますね。昨日も今日も通常営業で過ごしていたせいか、わたしの中では年末気分があまり盛り上がっておらず、大晦日だという実感が湧いていないのです。今年は慌しくしていたせいか、あっという間に終わりがきてしまったような気がします。でも、でも、年明けと共に、もうすぐ待ちに待った瞬間がやってくるのです。そうです、厄年が終わるのですよ。時計の針が午前零時をまわった瞬間に、厄年に終わりを告げるのです。前厄本厄後厄を駆け抜けた3年間のゴールですよ。すっきりさっぱりできるのですよおお〜。

厄年が終わったからといって、急に何もかもが好転したりはしないのだろうけど、でも「厄を脱したのだ」という開放感がツキを呼んでくれるかもしれないね。実際は効き目がないけど、効き目があると言って飲ませると効果を発揮するプラシーボみたいなものだったりして。脱厄プラシーボ。

今年はナイナイの年越し企画が見られないのがちょっと寂しいです。去年で最後だったんだなぁ・・・。