ししゃも寿司と飛行機

f:id:ackee:20210709144453j:plain

f:id:ackee:20210709144508j:plain

昨日、所用をこなすために相方の実家方面へ行ってきました。途中でむかわ町に寄り、ししゃも漁のシーズンに地元の料理店でしか食べられないというししゃもの握り寿司を食べてきました。魚介類が苦手なわたしはししゃもも苦手でもう20年くらい口にしていなかったので、正直食べられるかなーとおもいつつ恐る恐る食べてみたのですが、これがまたあっさりしていてクセがなくて実に食べやすい。魚特有の磯臭さが全く無いので、魚介類はちょっと苦手という方でもパクパク食べちゃうことができる感じ。わたしも一人前の寿司をあっと言う間に完食してしまいました。うーん、こんなにおいしいものだとは知らなんだ。わたしたちが行ったお寿司屋さんでは、昨日がちょうど今年のししゃもの握り寿司の最終日だったらしいのです。他のお寿司屋さんではまだ食べられるかもしれないと言っていたけど、でももうししゃもシーズンの終わりなんですね。来年また食べに行きたいです。絶対!きっと!

用事を済ませての帰り道、わたしは更に寄るところがあったので、相方とは別行動。JRで札幌へ向かうつもりで新千歳空港まで車で送ってもらい、まっすぐ列車に乗る・・・はずだったけど、日没後の夕闇に包まれた空港内の艶っぽい雰囲気に魅かれて、まだ時間もあることだしと歩き回って探検してしまいました。そして展望台を発見したので、「飛びゆく飛行機をば眺めようではありませんか!」と登ろうとしたら、警備員さんに「終わり終わり!今日はもう終わりだよ!」と言われて止められてしまいました。そばにあった案内の看板を見ると5時までって書いてある。急いでカバンの中から携帯電話を出して時間をチェックするとすでに5時を2分ほど過ぎていたのでした。ああっ惜しいっ!最初に展望台に寄ってから探検するんだったー!飛行機見たかったー!と思いながら歩いてたらラウンジ?みたいなところから飛行機が見えました〜。やほ〜い。今度は昼間の明るいうちに行って飛行機をじっくり眺めてみたいなぁ。