暮れにナポリタン

耳かきをすると咳が出る人って、どれくらいいるんだろう。耳かきで耳の穴を掃除すると、喉にイガイガするようなムズムズするような感覚が生じてたまらずに咳き込んでしまいます。もしかして自分だけ?わたしって変?って思ってしまうけど、どうなんだろう。あえて話さないというだけで、みんなそうだったりして?そういえばわたしは誰かに、「ねえ耳かきすると咳出るよね?」って言ってみたことがないので今度ちょっと聞いてみようと思います。

相方が仕事から戻ったらスーパーへ買い物に行って、今夜から明日にかけて食べるためのオードブルやなんかを調達してこようというはなしだったのですが。昼にトースト一枚食べただけだったのでお腹が空いてたまらずに、夕方6時頃にナポリタンを食べてしまいました。スパゲッティが半端に残っていたので、使い切ってしまおうとして全部ゆでてみたらけっこうな量だったので大盛りに。暮れのこの時間にナポリタン大盛りとはなんだか全然大晦日っぽくないなーと思いながらの夕食でした。

f:id:ackee:20210712171322j:plain

思えば今年はクリスマスイブにも同じようなことがありました。24日の昼のこと。炊飯ジャーの中に半端に残っていたごはんを使い切ってしまおうとして、オムライスを作ったはいいものの、ごはんの量が少し多かったのでかなり大きなオムライスができあがってしまい、楽しみにしていたケーキがあまり食べられませんでした。加減って大事ですね。

今年のクリスマスケーキはセイコーマートで注文しました。コンビニでこんなにおいしいケーキが受け取れるなんて便利ですね。特にセイコーマートは歩いてすぐの近所なので助かります。カタログを見たら種類が豊富だったので、選ぶのも楽しかったです。来年はどんなのにしようかなーと思いを馳せてしまいます。

***
暮れでも通常営業だったので、年の瀬感があまり感じられない師走でした。そして、これを書いている今はもうすでに新年。リンカーンを観て年を越し、ぐるナイを眺めながらこうしてキーを打っています。

なんだか年々、年の瀬感が薄らいでいくような気がします。わたしがまだ小さかった頃は、父や母が年の瀬だというのに普段と変わらぬテンションを保っているのが不思議でしたが、今はそれが解ります。ああ、こういう感じなんだ、と。胸の奥にかすかなざわめきを感じはするものの。もうお年玉もらえないし、冬休みも無いしね。

***
数時間前に行ったスーパーは、なんだかものものしかった。店員さんたちはすでに明日の準備に追われているようで、ポップを付け替えたり、売り場の模様替えをしたりで忙しそう。日付が変われば今日とは打って変わって新年で、初売りや福袋の準備しなくちゃならないものね。

シンと静まり返り、車の往来もほとんど無い大晦日の街。しかし、スーパーマーケットの店内は光溢れてまばゆく、人々があわただしく立ち動く。迫り来るタイムリミット。明日は待っちゃくれない。そんな鬼気迫る様子が刺激的でした。

深夜ももう2時になりますが、都合によりこの日記の日付は大晦日にしておきます。来年はとりあえずこの状態を維持していきたいです。変なふうにいじったりしないで、このままの姿で1年間続けるのが目標です。それでは皆様良いお年を。カゼなど召されませんように。皆様の幸多きことを。