安くなってきたとはいえ

f:id:ackee:20210715150556j:plain

f:id:ackee:20210715150606j:plain

20日、朝起きてみると家の中がとても寒くて、布団に入っていても鼻っ柱が冷たいほどでした。意を決して温い布団から起き上がり、カーテンを開けるとそこには真冬の景色。夜のうちに積もっていたんですね。

テレビで気象予報士さんが言っていたのですが、この時期にはめったに入って来ないような寒気が訪れたそうです。朱鞠内では49センチの積雪(ちなみに札幌は16センチ)。この雪で規模の大きな玉突き事故も起こったそうです。いよいよ冬道なので気を引き締めていきたいです。

灯油は相変わらず高いです。少し安くなってきているとはいえわたしにとっては、数年前までのように日中ずーっと灯油が燃料のストーブをつけっぱなしにできるほど安くはないです。なので今年も朝と夜だけストーブつけて、日中家にいるときは、小さい電気ストーブだけでしのいでいます。3年くらい前までは夜間もずっとストーブ付けっぱなしで、冬の間は24時間稼働させていても月の灯油代が一万円行かないくらいだったのに、今じゃポリタンクに満タンで千円以上しますからね。

で、このような灯油節約生活をしていると室温は低い状態になりますから、それに体が慣れちゃっています。おかげで今じゃ室温15度くらいで「なんか暑いな、そろそろストーブ消すかな」というような感覚。ものすごく厚着しているからなんですけど、なんか自分が寒冷地仕様になったような気がします。

f:id:ackee:20210715150730j:plain

f:id:ackee:20210715150742j:plain

うちには犬と猫がいますが。日中に暖房が入っているのはわたしの部屋だけなので、みんなぬくもりを求めて集まってきます。そこで居心地がいいようにと、床にマットを置き、その上にタオルケットを置いてみたところ、愛犬モグさんはタオルケットを前足でぐちゃぐちゃに丸めてからその中で寝ていました。ついでに白黒猫のひめさんも、モグさんのぬくもりを吸収するかのようにくっついて寝ています。シマシマ野郎のウピピもそこで寝たそうにしていましたが、なにしろ定員オーバーだったのではじかれてしまい、所在なさげにモジモジしていたので、タンスの上に折り畳んだベットパットを置いてその上に寝かせました。

みんな、寒くてごめんね。灯油が安かったら日中も暖かく過ごせてギュウギュウ詰めで寝なくてもいいんだけどね。寒さ対策をなんとかしたい。古くなったマットレスで猫の家を作ってみようかな。手芸などは超適当にしてしまうわたしが作るハンドメイドのキャットハウスはたぶん、いやきっと不格好。でもあったかければいいよね!ということで近日挑戦してみます。構想はもう練ってあるのであとは作るのみですよ。ふふふ。

***
Daily Labcatと題して犬猫日記を書いてきましたが、こちらにまとめて書くことにしました。どちらに書こうか迷うこともしばしばだったので、ならばということで。過去の思い出を書いてから一旦休止にしようと思います。