レシピに挑戦離乳食 その2

きょうも相方が息子を連れて外出したので、わたしは家の大掃除です。普段から気になっているものの、息子がいるときにはなかなか手がつけられない場所があるので、そういったところを片づけています。でも全部済ませようとすると疲れきってしまいそうなので範囲を決めています。きょうはソファーの下とクローゼットの中を終わらせました。次回は台所か、もしくは冷蔵庫を掃除したいです。

そして本日のメモ。息子に前歯が生えてきたころ、授乳していると乳首をかじられるようになりました。あれは本当に痛かった。思わず「いたっ」と声を上げてしまうのですが、そうすると息子がびっくりして泣きだしてしまうのです。痛いやら場は混乱するやらで、どうせそんなに出なくなってきていたことだし、この際もう母乳は止めてしまおうということで卒乳してしまいました。実にあっさりとした終焉です。息子も母乳を欲しがるわけでもなく、寂しいけれどいつか迎えることだし、こんなものなのかなと思っていたのですが。母乳を飲ませなくなって1週間はおっぱいがぱんぱんに張って痛くてたまりませんでした。しかしある朝起きてみたら嘘のようにふにゃふにゃになっていて、張りが引いていたのです。吸収されてしまったのでしょうか。なんかいやだけど、ちょっと悲しいけど、元の生活に戻れるオウイエー。これまでは母乳を飲ませていたので食生活にも自分なりに気を使っていましたが、もうそういったことは気にしなくていいのです。まずは酒だ。酒を飲んでみるぞー。というわけで、本日めでたくビールを飲みました。昼間から酔っ払っております。500mlの缶ビール。つまみは味海苔(なにか作ろうと思ったけど面倒に思えてきたので味海苔にしてしまいました)。

変に酒に強くなっていたわたしですが、2年ぶりくらいに飲むビールは気持ちのいいものでした。ふわんふわんして楽しくなってくる。パソコンを立ち上げていろんなサイトを見ながらひとりでしゃべっていました。「ぼかぁねえ、君が好きなんだよ」とか、わたしのことを知らないであろう人を名前で呼んではあーだこーだと話しかけるのです。そしてあれから数時間。酔いもさめてきて軽い頭痛がやってきました。あいたたた。やっぱりお酒が合わない体質は相変わらずなもようです。でも楽しかったので、月一くらいでこんな時間が持てたらいいな。まだ少し酔っているので変なことを書いていたりしてね。

それでは今週の離乳食いってみましょう。 

f:id:ackee:20210716230104j:plain

f:id:ackee:20210716230117j:plain

8月28日。朝はミネストローネスープ、焼きなすのチーズサラダ。夕方はさつまいものミルクがゆ、ツナキャベツ煮。

トマトがざくざく入ったミネストローネはきっと好きだろう、喜んでくれるかなと思いながら作ったのですが。確かに食いつきはよかったんだけど、3口くらい食べたところで眠くなってきたらしく、5口目くらいで白眼をむいてのけぞりそのまんま寝てしまいました。そして3時間くらい起きなかった。焼きナスのチーズサラダは手つかずで残った。朝のメニューはいずれまた作るとしましょう。夕方は両方ともほんのちょっとだけ残した。

f:id:ackee:20210716230141j:plain

f:id:ackee:20210716230155j:plain

8月29日。朝はたいとトマトのシリアルがゆ、スイートポテトボール。夕方はブロッコリーうどん、かぼちゃのヨーグルトあえ。

近所のスーパーで手頃な大きさのたいの刺身があったので、こりゃ離乳食にちょうどいいわいということで買ってきました。いつもは大きな柵しか見かけないのですが、小さめなのがありました。それでもちっちゃくて薄っぺらいのが400円くらい。さすがたいですね。そしてそのたいを使って作ったシリアルがゆですが、息子はいやそうな顔をしてほとんど食べませんでした。はじめてのものだからかな。でもね、たらなんかと比べると味が凝縮されているというか、だからこそおいしい魚なんでしょうけど、食べ慣れないとか、魚が苦手だったりするとなかなか受け付けないかもしれません。わたしもこれは苦手かも。スイートポテトボールもほんの3口くらい食べて終了。朝は不評でした。夕方のメニューはほとんど食べてくれました。

f:id:ackee:20210716230216j:plain

f:id:ackee:20210716230228j:plain

8月30日。朝は白身魚おかゆ、キャベツとブロッコリーのスープ。夕方はポトフ風煮込みうどん、さつまいもの牛乳煮。

白身魚おかゆには昨日のたいの刺身の残りを使いました。そしてやっぱりいまいちだったらしく、半分以上残していました。スープには、本来カリフラワーを使うところをブロッコリーに変更。カリフラワーってなかなか売っていないので、手に入りやすいブロッコリーにしてみました。わたし、カリフラワーが大好きなんですよね。子供のころはよく食べていたのですが、最近ではたまーにどこかでひょっこり見かける程度にしか出会うことがありません。時代はブロッコリーなのでしょうか。息子はそんなわたしの思いをつゆしらず、スープを完食していました。夕方のメニューは半分くらい残していました。

f:id:ackee:20210716230250j:plain

f:id:ackee:20210716230302j:plain

月31日。朝はしらすのパンがゆ、白菜のミルクスープ。夕方は納豆そうめん、かぼちゃのりんご煮。

しらすのパンがゆはわたしにとってはものすごい食べ物でした。わたしは見た目と味から魚介類が苦手なのですが、このしらすってのはたまりません。細かく刻まれたしらすは怖い。目玉がいーっぱい、黒いつぶつぶとなってパンがゆに散りばめられているのがグロテスクに感じられて、身悶えしてしまいそうなほどです。いやああああとか思いながらそれでも調理はしていましたが。さらに勇気を出して味見してみるとこれもまたすごい。磯の香りの魚の味にミルクとパンです。この組み合わせにはやられてしまいました。涙目になりながらほんのちょっぴり取ったパンがゆを飲みこみました。そんなふうに母は大騒ぎしながら作ったのですが、息子には大好評で完食していました。うーむ、これがおいしいとは。やっぱりわたしの好みは置いといて、いろいろ食べさせたほうがいいんだなーというのを実感しました。夕方のメニューはかぼちゃのりんご煮がおいしかったようで完食。でも納豆そうめんは半分くらい残してた。口に入れると「んふー」と唸る。はっきりしてますな。

f:id:ackee:20210716230326j:plain

f:id:ackee:20210716230341j:plain

9月1日。朝はフルーツパンがゆ、とり肉のヨーグルトサラダ。夕方はトマトがゆ、かぼちゃのツナあんかけ。

朝のヨーグルトサラダは残していた。ヨーグルト味だから好きだろうと思っていたけど、なにかがだめだったようです。夕方は完食。

f:id:ackee:20210716230404j:plain

f:id:ackee:20210716230415j:plain

9月2日。朝はコーンフレークがゆ、チャキチャキヨーグルト。夕方はじゃがいもがゆ、豆腐そぼろあんかけ。

朝のコーンフレークがゆは半分以上残していた。チャキチャキヨーグルトはトマトとにんじんとかぼちゃ入り。これは完食。夕方は両方ともあと3口くらい残して終了。

f:id:ackee:20210716230441j:plain

f:id:ackee:20210716230454j:plain

9月3日。朝はほうとう風、蒸しなすの白あえ。夕方はブロッコリーコーンフレーク、にんじんのチーズサラダ。

朝のほうとう</a\>風はかぼちゃ入りのうどん。これはあんまり食べてくれなかった。かぼちゃは好きなはずなんだけどね。やっぱりなにかがだめだったんだろうね。白あえはよく食べてくれた。もっと食べたかったようでないとわかると「きいいい」と言って怒っていた。また作ってあげるね。夕方はアンコールメニュー。出掛けるときに持たせたものなので、わたしは食べるところが見られなかった。材料的にもちょうどいいしと思って作ってみたんだけど、あんまり気に入らなかったみたいで半分くらい残していた。相方によると完食してたそうなんだけど。なにかが違ったんだろうね

夕方は食べさせはじめてから写真を撮っていないことに気づきました。なのでこのような感じに。

f:id:ackee:20210716230514j:plain

f:id:ackee:20210716230529j:plain

9月4日。朝は冷製トマトパスタ風、納豆きゅうり。夕方はしゃけと白菜の石狩風、さつまいものミルク煮。

朝のトマトパスタ風はそうめんとトマトで作るあっさり味。これはとても好評で完食していた。けど、納豆きゅうりは半分くらい残した。パスタを3口くらい食べさせて納豆をひとさじくちに入れる、という食べさせ方をしていたんだけど、納豆がくちに入るたびに「んふー」と言ってうなっていた。好きじゃなかったんだろう。パスタのときと全然違う反応。わかりやすいです。夕方のメニューは完食はしたものの、あんまり好きじゃないような食べ方だった。ちょっとぐずりながら食べていた。でもくちから出しちゃうとか食べないとかいうわけではなかったので、きらいじゃないけど好きでもないというくらいの位置付だったのかもしれない。

これにて1週間分の離乳食の記録終了。

と思ったら7日分じゃなくて8日分でした。間違えちゃった。てへ。次回は6日分記録します。

でもね、こうして離乳食を作っているといろいろ気付くことがありますね。難しそうだと思っていたメニューが実はそんなに面倒ではなかった。わたしにとっては苦手なものも、息子にとってはおいしいメニューだったり。やっぱりこうやって挑戦してみてよかったです。

日によって食べむらがあったり、好き嫌いのようなものがあったり。これは仕方がないなと思う。わたしも今年でこの世に生れて38年になるわけですが、それでも苦手なものがある。貝類なんて、何度も食べる機会があったわけだけど、いまだにどうしても好きになれないしね。おとなでさえこうなんだから、生まれて9か月しかたってない人がなんでも食べられるわけがない。ちょっとずつ、ひとくちずつでもいいから食べてもらって、そのうち慣れてくれたらいいかなと思います。わたしも好き嫌いが多くて損したことがいくつもありますからね、できるだけなんでも食べられたほうが得するんじゃないかと思うんです。でも、どうしても食べられないものもあるでしょう。それはもうしょうがないよね。そういう人なんだろうからそれは無理しなくていいと思う。

作ったものをほとんど残したとしても、とりあえずひとくちだけ食べてくれたらいいことにして、これからまた離乳食を作っていきますよー。途中で寝ちゃうのはしょうがないよね。